今迄飲んだプーアール茶についての思い出についてとその効果

私が初めてプーアール茶を知ったのは、大学3年次の2月でした。紀伊半島を旅行中にJR東海の特急列車に乗ったのですが、その車内に自販機があり、そこに缶入りのプーアール茶が売られていました。珍しいので購入したのですが、口当たりも良く、飲み易くて良かったと思いました。当時は東京に住んでいたのですが、近所のスーパーなどでは売っていなかったので、プーアール茶からは遠ざかることになりました。しかし、飲める機会があれば、再度飲んでみたいという気持ちは変わりませんでした。爽健美茶にはプーアールが成分として入っていると謳われているのですが、それはそれで良いとは思うのですが、純然たるプーアール茶について入手出来る機会は無いまま、東京を離れ、故郷へ戻りました。故郷は東京からかなり遠方で、お店も当時はそれ程多くなく、プーアール茶を見ることはありませんでした。その後、広島に転居し、広島駅の近くに住んでいましたが、なかなかプーアール茶にお目にかかる機会はありませんでした。所用で他の地方に行くことがあっても、ゆっくりと色々なお店を見て歩くことが出来なかったので、広島に住んでいた時も、結局プーアール茶を飲む機会はありませんでした。その後、大阪に転居したのですが、最初の頃は、プーアール茶を購入したくても、置いているお店が見当たらず、私は爽健美茶で我慢していました。私は、新大阪駅の近くに住んでいたので、色々な地方に列車を使って移動していたのですが、700系新幹線を含め、列車の自販機を探しても、また、駅の自販機を探してもプーアール茶については、見つかりませんでした。その後、住んでいたマンションの近所の店舗が改装され、100円ショップが開店しました。その100円ショップは、ダイソーやキャンドゥ程ではないものの、他の地方にもチェーンがあり、色々な物が安く売られていました。そのお店で、ある日2リットルのペットボトルのお茶やミネラルウォーターが売られているのを見ました。お茶は緑茶だけかと最初は思ったのですが、その中にプーアール茶がありました。私は嬉しくなり、水代わりに買って帰れる限りの本数を購入しました。金額も安くて、4本で100円(税抜)でした。帰宅後に早速飲んでみると、口当たりの良い、あの味が再び堪能出来ました。ゴクゴク飲めるので嬉しいどころではありませんでした。もっと沢山買い置きがしたかったのですが、ワンルームマンションに住んでいたので、残念ながらそれ程の本数を置いておくことが出来ず、1回の買い物で4本ずつ購入することにしました。しかし、こういった安くて美味しいプーアール茶がずっと購入出来る状況ではなく、暫く経って、そのお店では、2リットル4本100円のお茶自体を売らなくなってしまいました。私としては、大変残念だったのですが、安くて美味しいプーアール茶が沢山飲めたので良かったと思います。その後、大阪を離れて故郷に戻ったのですが、プーアール茶を飲む機会が無いまま、現在に至っています。あの味をもう一度、といきたいのですが、市内のお店でプーアール茶を購入出来たことは一度もありません。残念な限りです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *