プーアール茶が苦手でも大丈夫!プーアール茶の美味しいアレンジ方法

職場のパートさんが退職する際に、なぜかプーアール茶をプレゼントしてくれました。
しかもぺったんこに固まったやけに本格的なプーアール茶でした。
もちろんこれまで「プーアール茶が好き」なんてアピールもしたこともなかったのですが、思い当たるといえば以前私が台湾に旅行に行った際、みんなにジャスミン茶をお土産に買ってきたことくらいです。
案の定というべきか、受け取る際にそのパートさんは「中国茶が好きなんだと思って」と言っていました。
確かに中国茶や台湾茶は好きですし、旅行にも行ったこともあります。
物産展や専門店でお茶を買うこともありますし、お気に入りのカフェも台湾茶専門のお店です。
でも、しかし、プーアール茶だけは別なのです。
とっても苦手なのです。
たくさん種類のある中国・台湾茶の中でなぜにあえてプーアール茶だったのか、この煎餅のような形状とラッピングが可愛らしかったからなのか?
でも、いろいろ考えてくれて選んでくれたんだと思うと、苦手だと思ってしまうことに罪悪感を感じるようになってしまいました。

これまでダメだったとしても、急に飲めるようになっているかもしれないと思い、家で淹れて飲んでみたのですが、やっぱりダメなものはダメなままでした。
お気に入りの台湾茶専門カフェで店主にその話をしてみると、お店でプーアール茶の淹れ方をレクチャーしてもらえることになりました。
早速教えてもらうと、自分の淹れ方では茶葉が多すぎたり洗茶不足があったことがわかりました。
店主に淹れてもらうと、なるほど苦手で飲めない、というほどのクセも感じません。

そこでプーアール茶をホットで飲む以外のメニューも教えてもらいました。
まずは冷茶です。
プーアール茶を普通に淹れてそれを冷まして飲むだけです。
意外なことに冷茶にした方が、ホットで飲むよりもプーアール茶独特のクセを感じないのです。
さらにミルクやクリームを入れたプーアール茶もおすすめです。
これはホットでもアイスでも構いません。
プーアール茶のクセがミルクやクリームによってとてもマイルドになるので、これはプーアール茶だとわからずに飲めるくらいです。
ちょっと甘くしたければ、砂糖や蜂蜜、シナモン、酸味の強いジャムなど入れても美味しいです。
次はちょっと上級ですが、ブレンド茶にしていただく方法です。
特にハイビスカスや菊など、ドライフラワーを使用したお茶との相性が良いように感じます。
他にもゼリーやプリンにしても美味しくいただけます。
ゼリーにはライチなど入れてフルーティーにしてもおすすめです。

これらのメニューは店主さんに教えてもらって、私も実際に作ってみたのですが、これですっかりプーアール茶が好きになってしまったくらいでした。
他の中国茶や台湾茶でもやってみたのですが、反対に物足りなさを感じるので、プーアール茶くらいのパンチ力やクセの強いお茶の方が向いているのかもしれません。
プーアール茶が苦手だという方にもおすすめのアレンジですので、是非参考にしてみて下さい。

Uncategorized

No Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *