bushin30years企画!プーアール茶の効果とダイエットへの適合性

ダイエットプーアル茶の主成分、プーアル茶の効果と効能

ダイエットプーアル茶はティーライフが販売している、ダイエットや美容に効果的なプーアル茶です。ティーライフの人気ナンバーワンのお茶で、多くの人から選ばれています。
一般的なプーアル茶とは何が違うのでしょうか?効果は違ってくるのでしょうか?
ダイエットプーアル茶の主成分について、プーアル茶の効果について、詳しく調べてみました。

プーアル茶の成分

プーアル茶が作られるようになったのは、他の中国茶よりもずっとあとで800年ほど前と言われています。
成分は緑茶を発酵させたものです。

醗酵具合から種類が変わってくるのですが、その中でも黒茶にわけられるものがプーアルチャです。
お茶のカテキンは渋みの成分なのですが、醗酵する事でマイルドな口当たりになり、徐々に日本でも人気が出ました。

ダイエットプーアル茶と一般的なプーアル茶の違い

一般的なプーアル茶の特徴に、独特の匂いと味があります。
時にはその匂いは「カビ臭い」と感じる人も多く、苦手に感じる人もいるのです。

ダイエットプーアル茶は蒸気殺菌する事によって、あのカビ臭さを取り除くことに成功しました。
また普通のプーアル茶は中国各地で生産された茶葉をブレンドしています。


その方が効率よく醗酵作業が早くできるからです。
ダイエットプーアル茶の違うところは雲南大葉種の品種の上質な茶葉だけ!を使っていること。ブレンドせずに100%です
これはティーライフの社長自らが、味、香り、成分などを確かめて決めた茶葉です。
プーアル茶の味の決め手は、醗酵なのですが茶葉がとれる雲南省では、気候が乾燥しているせいで作業効率が悪いのです。

プーアール茶の専門サイトでもダイエットプーアール茶の成分は絶賛しており、プーアール茶がもつ本来の力も認めています。

プーアール茶は中国の雲南省南部及び南西部で主に生産されている中国茶の一種です。

古くからあるお茶ではありますが、日本でここまで知名度が広がってきたのはごく最近のことです。

プーアール茶は生茶と塾茶に分けられ、塾茶の方がポピュラーなこともあって、生茶は本場の中国においても非常に高価な価格で取引されています。

日本で飲めるプーアール茶は大半が熟茶ですが、最近では少しずつ生茶を取り扱っている業者も増加しています。

出典:プーアール茶ダイエットの効果と口コミ

このことからもプーアール茶の成分は良質である事が分かりますし、その効能はお墨付きともいえるのです。

通常は湿度の高い地域で醗酵の作業を行いますが、その場合違う産地の茶葉が混じってしまう可能性があります。
そこで、ダイエットプーアル茶はそれを避けるために、醗酵の手間やコストがかかってしまいますが、雲南省で行うことにしたのです。
風通しの良い環境で時間をかけてじっくりと熟成、醗酵させることで、茶葉の醗酵は均一になり、他のプーアル茶とは違うマイルドな味になるのです

ダイエットプーアル茶は中国産ということで懸念される方もいるかもしれません。
雲南省の工場で作られたプーアル茶は「残留農薬検査」を受け、日本に届きます。

そして日本ではそのまま販売するわけではなく、さらにロット別にサンプルを抜き取り農薬残留検査を実施。
安全を再度確認するのです。もちろん中国の工場を社長は毎年視察しています。
安全、品質管理ともしっかりと行われている商品なのです。

ダイエットプーアル茶の成分と効果

ダイエットプーアル茶に含まれる成分とその効果について簡単にまとめます。
・重合カテキン
摂取した脂肪分を体内に吸収されるのを抑える効果
中性脂肪の増加を抑える
・没食子酸
重合カテキンと構成し、脂肪の乳化を分解、脂肪としてつくのを抑える効果
・鉄分
女性に不足しがちな成分。貧血の原因ともなり不足する事で、めまいや冷え、精神的にも憂鬱になるという症状を引き起こす
・マグネシウム
マグネシウムは不足しやすい成分です。不足するとだるさや食欲低下、不眠などの症状が出ます
しっかりととりたい成分です。
・カリウム
果物やナッツなどに含まれるカリウム。浮腫みを改善する働きがあります。
・ビタミンB1、ビタミンB2
糖質の代謝を助け、健康的な肌や髪を作るのに欠かせないビタミンB群。
美容と健康のためにも欠かせない成分です。
・ポリフェノール
抗酸化作用がありアンチエイジング効果、肌作用や生活習慣病の予防にも役立ちます。
同じような成分を配合しているお茶にはジャスミン茶が挙げられます。
ジャスミン茶の効果と危険性についてはこちらの記事で詳しく解説をさせれているので参考にすると良いでしょう。

プーアル茶の効果・効能に関する口コミ

・劇的な変化がありませんでしたが、デトックス効果を感じました。味にくせがないので毎日飲む事ができます。便通が良くなり肌の調子がいいです。

・運動前、後に飲むようにしています。運動の効果もあり徐々に体重は落ちてきます。
昔より食べても太らなくなったと感じます。食事の時に飲んでいるからいいのでしょうか?

・運動との併用で体脂肪が減りました。便通も改善され体の調子がいいです。

・味にくせがなく美味しいです。今まで飲んできたプーアル茶とは違うなと感じました。
2ヶ月くらい飲んでいますが、便通が良くなったことと、体の調子がいいこと、体重も1カ月に1kg前後のゆっくりペースですが、徐々に減ってきています。今まで甘いものばかり飲んできたから、カロリーカットにつながっていると感じます。

・頑固な便秘でしたがこれを飲んで便通が良くなったことで、体重も多少減りました。
それだけでも私には効果ありの商品です。これからはちょっと運動もおこない頑張ろうと思います。

・お試しで安く変えたので試しています。効果があったら定期に移りたいと思います。

・他の口コミでもあるように、即効性は感じません。そしてこれだけで効果があるものでもありません。炭酸など飲んでいる方なら、毎日の飲み物をこれに代えるだけで大幅なカロリーカットにはつながります。飲むだけで痩せるっていうのは存在しませんよ。

プーアール茶の成分まとめ

ダイエットプーアル茶は健康的に痩せたい方が、運動と適切な食事制限と一緒にやると、徐々に効果が出るお茶だと感じます。口コミでもあるように便通が改善された、食べすぎても太らなくなった、徐々に痩せてきた、肌の調子が良くなったなど成分の効果が出ているのではないでしょうか?

体が温まり、めぐりも良くなる!どんな人にもお勧めしたいプーアール茶

数年前からプーアール茶にはまり、今もよく飲んでいます。
きっかけは私がガンになったことでした。
初期のガンであまり心配はいらなかったものの、当時はひどく落ち込み、何かガンに有効な食べ物やお茶がないかと探していた時にプーアール茶のことを知ったのです。
何でも、プーアール茶にはガン細胞を抑制する効果があるそうで、中国の富裕層は健康維持のために質のいいプーアール茶を好んで買うそうです。
特に質の高いものは日本円にして数万円~それ以上という値がつくこともあるそうです。
正直そこまでお金は出せないものの、そこそこ質のいいものを信頼できる中国茶専門店で選んで飲み続けることにしました。
それまで中国茶というものに全くなじみがなかったのですが、プーアール茶を飲み始めて以来、お茶を何度継ぎ足してもどんどん成分が出てくることに驚かされました。
また、お茶を入れると濃い茶色や黒色になり、見るからに味が濃そうなのですが、口に含むとまろやかでいくらでも飲めることが嬉しかったです。
最初は苦味を感じることが嫌だと思っていたのに、すっかり好きになり、そのうち食事のときや休憩の時に必ず飲むほど好きになりました。
私がプーアール茶を好んで飲むようになると、中国に出張することの多い主人が、お土産にプーアール茶を買ってきてくれるようになりました。
日本でもよく専門店などで見かけますが、主人の買ってくるお茶も茶葉が丸い形に固められていました。
包み紙を開けるとぎっちりと固められた茶葉が出てきて、それを砕いて急須に入れるのですが、この時が本当に大変でした。
よくもこれだけ茶葉を固く丸めたものだと感心するほど固いのです。
次第に手でほぐすのを諦め、ティースプーンやフォークなどを使うようになりました。
主人の買ってきてくれるプーアール茶は、普段私が飲んでいるものより渋く、まろやかさが余りありませんでしたが、それでも食事などにはぴったりでした。
正直お茶というより薬を飲んでいるような気持ちがしなくもありませんでしたが、体にはいい気がしました。
プーアール茶はいつの季節に飲んでも美味しいですが、私は経験上、冬に飲むのが一番いい気がします。
外出先などでどんなに体が冷えても、熱々のプーアール茶を飲めばすぐに体が温まり、血行が良くなるのを感じるからです。
また本当にガン細胞を抑制するのかわかりませんが、今のところガンの気配も全くありません。
それに、プーアール茶を飲んでいるときは、いつもより体が軽くなる感じがし、またお通じも良くなります。
体の代謝がこのお茶を飲むことで上がっているのかもしれません。
プーアール茶を飲むと覿面に体温が上がり、めぐりが良くなる感じがするので、そういうこともあるかもしれないと思っています。
健康な人でも、代謝の悪さや便秘に悩んでいる人は多くいると思います。
そんなとき、薬やサプリメントに頼るより、プーアール茶をぜひ試してほしいと思います。
きっと体温が上がり、体中の巡りが良くなるのを実感されると思います。
病気の人にも、健康な人にもお勧めしたいお茶です。

デトックス作用があるとされるプーアール茶

プーアール茶には、デトックスに関する作用が期待できるのではないかと考えられています。体内に蓄積されている老廃物を、効果的に排出せることに貢献するものであると考えられているため、積極的に飲むことが推奨される契機となっているのではないでしょうか。こうしたデトックスについての効果が発揮される大きな要因としては、腸内環境の正常化が大きく関わっているのではないかと思います。プーアール茶は、様々な種類があるお茶の中でも整腸効果が強く期待できるものであると考えられており、便秘気味の人や、腸の調子がすぐれないという人に対しては効果的であると認識されています。腸内環境が適度に刺激され、デトックスにまつわる作用が期待できることにも繋がるのではないかと推測されていることから、関心が寄せられています。
腸内の環境が正常になることに加えて、利用効果もプーアール茶には期待できる可能性が極めて高いと認識されています。こうした利尿作用も、デトックスを大きく後押ししてくれるのではないかと推測されており、積極的にプーアール茶を飲み、体外に毒素を押し出してあげることが望ましいと考えられているのではないかと思います。こうした形式によるデトックスは、体内をきれいにすることと同時に余計な水分が減ることにも繋がります。そのため、体のむくみの症状を解消することにも直結するとみられており、デトックスに付随する作用として、注目を集めていると言えるのではないでしょうか。むくみの解消は、見た目をすっきりとさせることにも関わっていくと推測されていることから、女性にとっては嬉しいプーアール茶のメリットになるのではないかと思います。
複数の効果や作用によって、プーアール茶でデトックスの効果を体感できる点は以前に比べて関心が強く示されているのではないかと考えられています。また、デトックスについての効果に加え、むくみの解消や緩和のできる可能性も期待できると考えられており、積極的にプーアール茶を飲むようにすることが、多くの人たちにとっては望ましいものであると実感されているのではないかと考えられています。今後は、デトックス効果を希望してプーアール茶を飲む人がより一層多く見受けられるようになるのではないかと思います。そのため、現在よりも多くの方面において、このタイプのお茶が普及することにも関わっていくのではないかと考えられており、その動向にも期待が掛けられるでしょう。

通販サイトにおいて実現されるプーアール茶の販売

プーアール茶の販売は、通販サイトにおいて実現される動きが高い頻度で見受けられていると言えるのではないでしょうか。以前に比べてプーアール茶に対して寄せられるニーズが充実し始めているとみられ、積極的にこのお茶を取り扱う通信販売のサイトが多くなることにも繋がっているのではないかと推測されています。このような動向は、多くの通販ショップで見受けられるものとなってきており、プーアール茶の粉末や茶葉などが売られる情勢がスタンダード化しているのではないかと思います。
健康食品を取り扱っている通販サイトでは、特に高い頻度でプーアール茶の製品が販売されるようになってきているのではないかと考えられています。様々な効能やメリットの期待できるお茶の一種としてピックアップされ始めていることから、健康関連の通販サイトで取り扱われる機会が増加していると言えるのではないでしょうか。最近では、この情勢が数多く見受けられるようになってきているため、幅広い年代の人からプーアール茶が購入される動きを生み出していると推測されています。リピーターが定着する通販サイトも複数散見されていることから、このお茶の存在が浸透していると捉えられています。
プーアール茶を取り扱う通販サイトでは、このお茶の効能やメリットを周知する動きも見受けられているのではないかと推測されています。実際に健康や美容に対してどのような作用があるか明示することで、多くの人から購入される動きに繋げているのではないかと思います。通販上でプーアール茶を飲む人々にとっては、多岐にわたるメリットのある点は良い部分として高い頻度で認識されており、購買動機に直結する可能性も出てきていると想定されています。そのため、この動向が普遍的に確認されているのではないでしょうか。
プーアール茶が通販サイトにおいて販売されることについては、これからもより高い頻度で実現されるのではないかと推測されています。また、これまでに比べてより多くの通信販売のサイトでプーアール茶が取り扱われる可能性も期待されています。幅広い年齢層の人からプーアール茶へのニーズが寄せられつつあるとみられているため、ネットで気軽に購入できる仕組みは受け入れられていくのではないかと思います。このような情勢は、普遍的なものとして多くの人から認識され、いつでもプーアール茶を簡単に購入できる環境が保たれる契機になると予測がなされています。

ダイエットにも美容にも最適なプーアール茶が素晴らしい

最近年齢と共に痩せにくくなってきた、なんて話をよく耳にします。私自身もそれは実感していることなのですが。

さて、ダイエットに効果があるとして知られているものの一つにプーアール茶があります。プーアール茶は中国から伝わったお茶で、その歴史はとても古いです。

原料は緑茶です。緑茶、プーアール茶の他、ウーロン茶と紅茶も原料は緑茶です。
原料をそのままの状態で使用したのが緑茶、原料を発酵させたものがウーロン茶や紅茶、さらに、コウジカビを使って発酵させたものがプーアール茶になります。

そんなプーアール茶、どんな効能があるんでしょう。

一般的によく知られているのが、ダイエット効果ではないでしょうか。そう言われるのには、きちんとした理由があります。

人の体内にはリパーゼというものが存在し、このリパーゼが蓄積された中性脂肪を燃やしてくれます。プーアール茶自体にリパーゼは含まれないのですが、このリパーゼの働きを助ける作用があります。リパーゼの働きが活発になれば、中性脂肪が燃焼され、ダイエットに?がるというわけです。

さらにもう一つ、プーアール茶は脂肪が体内に蓄積されないようにブロックする働きがあります。脂肪が体内に蓄積されず、そのまま排出されるので太りにくいということになります。

このようにプーアール茶には高いダイエット効果が期待できますが、ただ気を付けたいのは、プーアール茶はあくまでお茶なので、飲み始めたからといって劇的に痩せるわけではありません。あくまでもダイエットのサポート役として、飲用することをお勧めします。普段飲んでいるお茶やジュースをプーアール茶に変えてみてはどうでしょう。この気軽さもプーアール茶の良い所かもしれませんね。

また、実はプーアール茶の効能はダイエットだけではありません。プーアール茶には、ポリフェノールが多く含まれています。ポリフェノールは、胃腸の働きを活発にしてくれます。なので、便秘の解消になります。便秘の解消になるということは、肌トラブルの解消にも?がります。人は腸の働きが弱まってしまうとニキビなど皮膚に現れることがあります。なので、美容にも良いということですね。

このように、ダイエットにも美容にも良いと言われるプーアール茶ですが、一つだけ注意したいのがカフェインです。カフェインは、コーヒーやお茶などにも含まれているので特別良くないというわけではありませんが、ダイエットを意識するあまり過剰に摂取するのはよくないですね。先ほども述べましたが、ダイエットのサポートとして適量を摂取することが大事です。

無理のないダイエット生活に、そして美容のためにも、バランスの良い食事、適度な運動、それに一つ、プーアール茶を取り入れてみてはいかがでしょうか。

今迄飲んだプーアール茶についての思い出についてとその効果

私が初めてプーアール茶を知ったのは、大学3年次の2月でした。紀伊半島を旅行中にJR東海の特急列車に乗ったのですが、その車内に自販機があり、そこに缶入りのプーアール茶が売られていました。珍しいので購入したのですが、口当たりも良く、飲み易くて良かったと思いました。当時は東京に住んでいたのですが、近所のスーパーなどでは売っていなかったので、プーアール茶からは遠ざかることになりました。しかし、飲める機会があれば、再度飲んでみたいという気持ちは変わりませんでした。爽健美茶にはプーアールが成分として入っていると謳われているのですが、それはそれで良いとは思うのですが、純然たるプーアール茶について入手出来る機会は無いまま、東京を離れ、故郷へ戻りました。故郷は東京からかなり遠方で、お店も当時はそれ程多くなく、プーアール茶を見ることはありませんでした。その後、広島に転居し、広島駅の近くに住んでいましたが、なかなかプーアール茶にお目にかかる機会はありませんでした。所用で他の地方に行くことがあっても、ゆっくりと色々なお店を見て歩くことが出来なかったので、広島に住んでいた時も、結局プーアール茶を飲む機会はありませんでした。その後、大阪に転居したのですが、最初の頃は、プーアール茶を購入したくても、置いているお店が見当たらず、私は爽健美茶で我慢していました。私は、新大阪駅の近くに住んでいたので、色々な地方に列車を使って移動していたのですが、700系新幹線を含め、列車の自販機を探しても、また、駅の自販機を探してもプーアール茶については、見つかりませんでした。その後、住んでいたマンションの近所の店舗が改装され、100円ショップが開店しました。その100円ショップは、ダイソーやキャンドゥ程ではないものの、他の地方にもチェーンがあり、色々な物が安く売られていました。そのお店で、ある日2リットルのペットボトルのお茶やミネラルウォーターが売られているのを見ました。お茶は緑茶だけかと最初は思ったのですが、その中にプーアール茶がありました。私は嬉しくなり、水代わりに買って帰れる限りの本数を購入しました。金額も安くて、4本で100円(税抜)でした。帰宅後に早速飲んでみると、口当たりの良い、あの味が再び堪能出来ました。ゴクゴク飲めるので嬉しいどころではありませんでした。もっと沢山買い置きがしたかったのですが、ワンルームマンションに住んでいたので、残念ながらそれ程の本数を置いておくことが出来ず、1回の買い物で4本ずつ購入することにしました。しかし、こういった安くて美味しいプーアール茶がずっと購入出来る状況ではなく、暫く経って、そのお店では、2リットル4本100円のお茶自体を売らなくなってしまいました。私としては、大変残念だったのですが、安くて美味しいプーアール茶が沢山飲めたので良かったと思います。その後、大阪を離れて故郷に戻ったのですが、プーアール茶を飲む機会が無いまま、現在に至っています。あの味をもう一度、といきたいのですが、市内のお店でプーアール茶を購入出来たことは一度もありません。残念な限りです。

「痩せる」をキーワードにはじめて飲んだプーアール茶

プーアール茶の存在を知ったのは今から30年ほど前のこと、烏龍茶に続き「さらに痩せるお茶」としてちょっとしたブームになっていた頃です。
どういった理由で痩身効果があるのかも知らないまま「飲めば痩せる」を信じ込み、もちろん私も買って飲んでみました。
で、すぐに挫折しました。
あのカビのような独特のニオイと薬のような味、もの凄く不味い薬を飲む、くらいの意気込みでかからないと飲めないほどでした。
飲み残したプーアール茶は、その数年後の引越しの際に処分したと記憶しています。

それからプーアール茶と関わることのない生活を送ってきたのですが、十数年前に友人からプーアール茶を頂くことになりました。
何でも友人の義両親が中国旅行に行った際のお土産だったのですが、そのプーアール茶は以前私が買ったものとは違い、小さなきのこみたいな形をしていました。
旅行のコースに組み込まれているお土産屋で購入したものなのだそうですが、友人曰く「クセが強いお茶なのでダメだったら捨てていいから」と言って分けてくれたものでした。
友人の「捨ててもいいから」というお墨付きを頂いたプーアール茶は、やはりクセが強くて年月が経っても苦手なものは変わらないんだなと思いました。
私は食べ物の好き嫌いが無く、不味いと感じたものでも我慢すれば食べられないものは無い、というの味覚と根性の持ち主です。
その自分が唯一受けつけないものがプーアール茶なのです。

しかしたとえ「捨てていいから」と言われてたものであっても、人様からの頂き物である以上、不味いからと言う理由で処分するのは気が引けます。
誰か飲める人はいないかと職場の同僚たちに聞いてみたところ「プーアール茶を飲んだことがない」と言う人が多くて驚きました。
それならばと家でプーアール茶をボトルに淹れて職場に持って行き、お昼休憩の時に何人かに飲んでもらいました。
すると一口飲んでギブする人が続出する中「私平気です」というツワモノがひとり現われました。
彼女もこれまでプーアール茶を飲んだことは無かったそうですが「独特のクセという感覚がわからない」という味覚の持ち主でした。
なるほど味の好みなんてそんなものかもしれないと思いましたが、その彼女、食べ物の好き嫌いが非常に多く、職場の宴会で気の毒になるほど、何も食べることができない時がある偏食持ちなのです。
こんなに苦手な食べ物が多いのに、プーアール茶のクセが分からないという味覚にも興味津々ですが、取りあえずプーアール茶を捨てずに貰い手を見つけることができてまずは良かったです。

後で知ったのですが、プーアール茶にも生茶や熟茶などの種類があり、形状も大きく分けて緊圧茶と散茶があるそうです。
私が初めて買って飲んだのは茶葉がバラバラでしたので、散茶の方だったと思われます。
そしてお土産で頂いたきのこみたいな形のものが、緊圧茶という圧力をかけてできる餅茶という形状のひとつだそうです。
本来は保存や運搬を容易にするために生み出されたものだそうです。
その製法などの違いからも様々な種類のお茶が作られているそうなので、プーアール茶はとても奥深いお茶だということを知りました。
今では以前より苦痛を感じることなく飲むことができるようになっています。
飲むと口の中がさっぱりとするので、脂っこい食事の時にはおすすめです。

プーアール茶が苦手でも大丈夫!プーアール茶の美味しいアレンジ方法

職場のパートさんが退職する際に、なぜかプーアール茶をプレゼントしてくれました。
しかもぺったんこに固まったやけに本格的なプーアール茶でした。
もちろんこれまで「プーアール茶が好き」なんてアピールもしたこともなかったのですが、思い当たるといえば以前私が台湾に旅行に行った際、みんなにジャスミン茶をお土産に買ってきたことくらいです。
案の定というべきか、受け取る際にそのパートさんは「中国茶が好きなんだと思って」と言っていました。
確かに中国茶や台湾茶は好きですし、旅行にも行ったこともあります。
物産展や専門店でお茶を買うこともありますし、お気に入りのカフェも台湾茶専門のお店です。
でも、しかし、プーアール茶だけは別なのです。
とっても苦手なのです。
たくさん種類のある中国・台湾茶の中でなぜにあえてプーアール茶だったのか、この煎餅のような形状とラッピングが可愛らしかったからなのか?
でも、いろいろ考えてくれて選んでくれたんだと思うと、苦手だと思ってしまうことに罪悪感を感じるようになってしまいました。

これまでダメだったとしても、急に飲めるようになっているかもしれないと思い、家で淹れて飲んでみたのですが、やっぱりダメなものはダメなままでした。
お気に入りの台湾茶専門カフェで店主にその話をしてみると、お店でプーアール茶の淹れ方をレクチャーしてもらえることになりました。
早速教えてもらうと、自分の淹れ方では茶葉が多すぎたり洗茶不足があったことがわかりました。
店主に淹れてもらうと、なるほど苦手で飲めない、というほどのクセも感じません。

そこでプーアール茶をホットで飲む以外のメニューも教えてもらいました。
まずは冷茶です。
プーアール茶を普通に淹れてそれを冷まして飲むだけです。
意外なことに冷茶にした方が、ホットで飲むよりもプーアール茶独特のクセを感じないのです。
さらにミルクやクリームを入れたプーアール茶もおすすめです。
これはホットでもアイスでも構いません。
プーアール茶のクセがミルクやクリームによってとてもマイルドになるので、これはプーアール茶だとわからずに飲めるくらいです。
ちょっと甘くしたければ、砂糖や蜂蜜、シナモン、酸味の強いジャムなど入れても美味しいです。
次はちょっと上級ですが、ブレンド茶にしていただく方法です。
特にハイビスカスや菊など、ドライフラワーを使用したお茶との相性が良いように感じます。
他にもゼリーやプリンにしても美味しくいただけます。
ゼリーにはライチなど入れてフルーティーにしてもおすすめです。

これらのメニューは店主さんに教えてもらって、私も実際に作ってみたのですが、これですっかりプーアール茶が好きになってしまったくらいでした。
他の中国茶や台湾茶でもやってみたのですが、反対に物足りなさを感じるので、プーアール茶くらいのパンチ力やクセの強いお茶の方が向いているのかもしれません。
プーアール茶が苦手だという方にもおすすめのアレンジですので、是非参考にしてみて下さい。

Uncategorized

No Comments